肌機能が高まる夜のスキンケアを変えて肌老化を遅らせませんか?


こんにちは、なちゅすきん管理人MARIEです。ご訪問ありがとうございます。

今回は、HANAオーガニック代表 林田七恵さんのセミナーの内容にありました、「間違ったスキンケア」についてです。

肌の老化の原因には、自然老化、自律神経と女性ホルモンの影響、環境老化と、大きく分けて3つあります。この中で、自然老化以外は、私たちの心がけで、老化を遅らせることができるんです。

環境老化とは、よく知られている、紫外線や大気汚染、乾燥などの外部からの刺激によるものです。

そして、意外とえーって驚くのがスキンケア。

洗顔やクレンジングは、力を入れ過ぎないように、洗浄力の強いものは避けましょう、洗顔後は、化粧水で水分補給、そして、クリームで蓋をして水分を逃がさないよう、保湿ケアはしっかりーなんて言われますが、思いがけず落とし穴が…

ノンシリコンシャンプーが流行している理由

最近、テレビCMでも「ノンシリコンシャンプー」と言って、シリコンが使われていないシャンプーやリンスが販売されるようになりました。このシリコンの役割は、髪の手触りをすべすべさらさらにしてくれる効果があります。

しかし、このシリコンが毛穴を詰まらせることが分かり、地肌に負担が掛かり、健康な髪への妨げになることが明らかになりました。そのシャンプーが背中に流れることによって、背中ニキビの原因にもなっています。

そこで、最近は、シリコンを配合しないノンシリコンシャンプーが流行しています。シリコンというのは、「ジメチコン」「シクロメチコン」などで表示されている成分がそうです。

シャンプーには入っていないのに、化粧品には入っているシリコン


地肌に良くないとシャンプーには配合されなくなったシリコンが、実は、化粧品には多く使用されています。

ヘアワックス、ファンデーションや下地、化粧水、乳液、美容液、クリーム、ハンドクリームなど。。。

身近に購入できる化粧品の多くに含まれています。このシリコンのおかげで、お肌がすべすべでツルンとした手触りになるので、肌の調子がいいわーって気持ちになるんです。

だけど、実は、毛穴を詰まらせていて、肌にとっては大きな負担となっているのです。また、肌は本来、うるおい成分を作り出したり、皮脂が足りなかったら分泌を促すよう、脳から指令が出て肌を乾燥させないようにするのですが、シリコン系の成分で包まれた肌は乾燥していないと脳が認識し、自分の肌のチカラでは潤わなくなってしまうのです。。。

朝のスキンケアに使用する分には、化粧のノリが良くなることから、「化粧下地」の考えで使用するのもいいかと思いますが、夜、化粧を取り除いて、洗顔をして、せっかくキレイにシリコンも取り除いているにもかかわらず、また、シリコン入りの化粧水や乳液などでスキンケアを行うと、またシリコンで毛穴を詰まらせてしまうことになるんです。

これでは、1日24時間、お肌が休まる時がありません。こんな状態を続けていると、皮膚が本来持っている機能を低下させてしまいます。

脱ケミカルとか肌断食などで、いきなり石油由来成分の化粧品を止めてしまわなくても、皮膚細胞の再生力が高まる夜のスキンケアだけでも、オーガニクスコスメに変えてみることをおすすめします。

今回セミナーでお話を伺った林田七恵さんが代表を務めるHANAオーガニックの乳液「ムーンナイトミルク」は、夜の肌再生力をぐーんと高めてくれるスキンケアです。6つの精油も配合されていて、リラックス効果もあり、自律神経のバランスも整えてくれるホリスティックなケアが可能です。


気軽に試せるトライアルセット7日間分もあるので、まだ使ったことがないという方はぜひHANAオーガニックの良さを体感してみてくださいね。
▷▷▷HANAオーガニック トライアルセット公式サイトはこちら

この記事を書いた人

尾崎まり江

元エステティシャンでリンパケアセラピスト、アロマを使った個人サロンを経営していました。

今は美容に関する情報を配信しています。





キーワード