肌にダメージ大!日焼け止めの合成紫外線吸収剤が肌に及ぼす影響とは?


こんにちは、なちゅすきん管理人MARIEです。ご訪問ありがとうございます。

今回は、一般的な日焼け止めに使われている紫外線吸収剤についてお話しますね。

シミを防ぐために紫外線対策として使用する日焼け止め。一般的な日焼け止めの多くには、合成の紫外線吸収剤が配合されています。SPFの数値がどんどん高くなり、高ければ高いほど紫外線吸収剤の配合量が多くなっています。

合成の紫外線吸収剤の代表は、オキシベンゾンで、配合量が高くなるほど、肌へのダメージは大きいのです。紫外線吸収剤が紫外線をカットする仕組みは、肌の上で化学反応をおこさせているからなんです。

肌への負担が大きいため、配合量に上限が定められているものもあり、オキシベンゾンであれば、配合上限10%、PABA(パラアミノ安息香酸)は4%と定められています。また、オキシベンゾンやエチルPABAなどの紫外線吸収剤は、旧厚生省がアレルギー性が高いとして「102の表示指定成分」に掲げていた成分です。



注意してほしいのは、上限が決められているものでも、重ね塗りすることで、肌には基準値以上の紫外線吸収剤が塗られることになるんです。最近は、化粧下地や日中用乳液にも日焼け止め効果があり、紫外線吸収剤が配合されているものも多くなっています。一つ一つには少量でも、これらを重ね付けすることで、大量の紫外線吸収剤が肌に乗っている状態になります。

合成の紫外線吸収剤は、長期間使用すると、真皮に入り込んで、逆にシミやくすみの原因になると言われています。

美肌のために使っている日焼け止めが、実は老化を早めているなんてことも…お肌のためにも、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを選びましょう。


合成の紫外線吸収剤の種類
オキシベンゾン、エチルPABA、ジメチルPABAオクチル、サリチル酸フェニル、サルチル酸メチル、シノキサート

この記事を書いた人

尾崎まり江

元エステティシャンでリンパケアセラピスト、アロマを使った個人サロンを経営していました。

今は美容に関する情報を配信しています。





キーワード