HANAオーガニックのhanacoクレイ(洗顔料)を使ってみました!


こんにちは、お肌はいつからでも変われるをコンセプトに美容情報をお届けしています、りびはだ(Re・美肌)です。

今回はHANAオーガニックの洗顔料、hanacoクレイの紹介です。(※商品リニューアル後の現在は「ピュアリクレイ」という商品名です。)

HANAオーガニック hanacoクレイの口コミレビュー

HANAオーガニックのウェアルーUVを発売と同時に購入したとき、以前から使ってみたかったhanacoクレイ(洗顔料)のサンプルが同封されていたんです!

hanacoクレイ(洗顔料)を使ってみました!
小さくて、可愛らしい泡立てネットまで同梱されていて感激☆

hanacoクレイ(洗顔料)を使ってみました!
うれしくって、すぐに使ってみたら、使い心地がよく、乾燥肌の私でも、洗顔後、つっぱらないので、気に入って、本品も購入。HANAオーガニックの容器は、お花のラベルが素敵♪

hanacoクレイ(洗顔料)を使ってみました!

このhanacoクレイは、もちろん天然由来成分100%で、植物成分のオーガニック比率は、99.9%という、ほぼ全部がオーガニックなんです。オーガニックのシアバターをはじめ、ココナッツオイルやアルガンオイルから作られた石けんを基にして、界面活性剤には、ソープナッツから抽出した天然の界面活性剤を使用しています。

そして、商品名にもなっている「クレイ」を配合。クレイは、粘土質の天然成分で、毛穴の汚れを吸着してくれる効果があります。クレイにも、種類がさまざまですが、hanacoクレイで使用しているのは、沖縄で洗浄剤や洗髪剤として使用されてきたクチャというクレイと、ブルターニュ産のマリンクレイです。

クチャは、吸着力が強い海のミネラルをたっぷり含んだ超微粒子で、その細かさと言ったら、髪の毛の16分の1なんだそうです。そんな細かい粒子が、通常の洗顔では落ちない小さい毛穴にも入り込んで、汚れを取り除いてくれます。粒子が細かいので、肌に負担が掛かりません。ブルターニュ産のマリンクレイは、マイナスイオンを含み、プラスイオンである毛穴の汚れを吸着してくれる効果があります。また、ミネラル成分が肌を潤わせて、弾力のある肌へと導いてくれます。

hanacoクレイ(洗顔料)を使ってみました!

汚れを落とすだけでなく、保湿も同時にしてくれるローヤルゼリーや米発酵エキスなども配合されているので、乾燥肌でも安心♪また、HANAオーガニックの大きな特徴と言えば、スキンケアしながらも癒やされる香り。hanacoクレイにも、ダマスクローズ、ラベンダー、ゼラニウムの精油、ほかにも、ビターオレンジ油、オレンジ油が配合されていて、フローラルな中にも、すっきりとした柑橘系の香りが、疲れた脳までスッキリさせてくれる感じ♪

hanacoクレイ 成分

容器を押すと出てくるタイプで、hanacoキューブ(洗顔石鹸)は、お風呂場に置いておくのに抵抗があるという方や旅行や出張に持っていくことが多いという場合は、この洗顔料がオススメです。

hanacoクレイ(洗顔料)を使ってみました!
色は、クレイの色なのか、グレーっぽい色ですが、香りは、さっきも説明していますが、フローラルと柑橘系の香りです。とろっとしていて、1回の使用量は、さくらんぼ大の半分くらい。

hanacoクレイ(洗顔料)を使ってみました!
泡立てるときは、泡立てネットで泡立てるとよく泡立ちます。最近、もちっとしてしっかり泡の石けんが流行っていますが、もっちりと言うよりは、柔らかいふわふわとして優しい泡です。指先を肌の上で転がすように、優しく洗うだけで、すっきりと汚れが落ちている感じがします。

hanacoクレイ(洗顔料)を使ってみました!
肌に必要な皮脂は残しながら洗いあげてくれる感じがして、つっぱり感がないのが、すごくいいです。
夜は、洗顔後、フローラルドロップとムーンナイトミルクでお手入れが済んじゃうので、とっても簡単スキンケアなのもいいですね。


リニューアルして「ピュアリクレイ」に!

2014年ブランドリニューアルされて、容器のデザイン、商品名が変更になっています。現在(2014年~)は、「ピュアリクレイ」という商品名で、シンプルなチューブタイプの容器です。
成分もお肌のバリア機能を担う「皮膚常在菌バランス」を整える「バイオエコリア」などが加わり、パワーアップしています。また、お試しセットにも含まれていて、7日間分試すことができます。






この記事を書いた人

尾崎まり江

元エステティシャンでリンパケアセラピスト、アロマを使った個人サロンを経営していました。

今は美容に関する情報を配信しています。





キーワード