ファスティングのメリットと正しい始め方とは?


こんにちは、なちゅすきん管理人MARIEです。ご訪問ありがとうございます。

今日は、ファスティング講座に行ってきました。週末だけのプチファスティング、ファスティングダイエット、また、宿泊施設付きの断食道場に行くなど、ファスティングをする人も増えていますね。でも、正しい方法でしないと、かえって、貧血を起こしたり、低血糖に陥ったりすることがあり危険です。
今回は、ファスティングをすることによるメリットと正しい始め方を勉強してきたので、簡単にご紹介しますね。

体内酵素について

ファスティングのメリットをお伝えする前に、酵素について説明します。

酵素ドリンクや酵素サプリメントが多く出回っているので、私たち人間の身体に酵素が必要というのは、もうご存知の方も多いのではと思います。

その酵素には、①食物酵素、②消化酵素、③代謝酵素の3種類あります。

食物酵素は、食物から摂る酵素で、生野菜や果物から摂取できます。消化酵素と代謝酵素は、体内で作られる酵素で、睡眠中に作られます。そして、この2種類は、体内で消化に使われるもの、代謝に使われるものに配分されます。

消化酵素は、食べ物を分解、消化する働きがあり、代謝酵素は、心臓を動かしたり、血液や筋肉を作る、エネルギーや肌を作る、脂肪を燃焼する働きがあります。

食が豊かになった今、私たちの身体の中では、消化酵素が大量に必要になってきました。そこで、代謝にまで酵素が回らなくなってしまい、痩せにくい、肌荒れ、疲れやすいなどの不調を感じやすくなっているのです。

ファスティングをすることによって、消化酵素がほとんど必要のない状態になり、代謝にまで酵素を使えるようになります。

ファスティングをするメリットとは?

ファスティングをするということは、酵素の無駄遣いを減らし、絶えず働き続けていた内蔵を休ませることになります。

酵素を代謝に使える分が増えることによって、痩せやすい、疲れにくい体づくりなどが可能になります。また、腸内環境が整い、便秘が改善されて宿便が取り除かれる、肝臓が休まり、解毒作用が正常化されて疲れにくい体に、女性であれば、血流がよくなることで子宮の働きがよくなり、生理痛の改善にもつながります。


ファスティングを始める前の準備期間

ファスティングを始める前に、準備期間が必要って知っていますか?明日から食べられないから、思い切り食べておこう!というのは、NG!

ファスティングを始めるときは、前日から準備が必要で、胃腸に負担の掛からない食事をするようにしましょう♪控える食材は、油の多い肉や魚、加工食品、揚げ物、アルコール、お菓子などです。

ファスティングをしない方がいい方

ファスティングをしない方がいい方がいます。

基本的には、健康状態に問題はないけれど、病気ではないけれど、何らかの不調を感じていて、体質改善をしたい、ダイエットしたいという方向けです。

糖尿病の方、妊娠中、授乳中、生理中、中学生以下の子供、60歳以上の方には、オススメではありません。薬を服用している方や通院中の方は、担当医に相談の上、実施されることをオススメします。

まとめ

とても簡単にですが、講座で教えていただいたファスティングのメリットや注意点などをまとめました。もっと詳しくはまた記事にしたいと思います。

この記事を書いた人

尾崎まり江

元エステティシャンでリンパケアセラピスト、アロマを使った個人サロンを経営していました。

今は美容に関する情報を配信しています。





キーワード