美白化粧品を使ってシミが増えた!?その理由はバリア機能の破壊にあった!


こんにちは、オーガニックコスメやナチュラルコスメを紹介している、なちゅすきん管理人MARIEです。ご訪問ありがとうございます。

今回は、一般的な美白化粧品について。

美白化粧品を使っているのに、シミが増えてきた。。。という経験はありませんか?透明感のある白いお肌を手に入れたいのに、なぜか、なくなるどころかシミが増えてくるという経験をしている女性は少なくありません。

その理由の一つとして挙げられるのは、「皮膚のバリア機能が破壊されている」ことです。ここでは、美白化粧品でシミが増える理由についてもっと詳しく紹介していきますね。

シミの元 メラニンができる場所について

お肌は皮膚表面から皮脂膜・表皮・真皮層の層から成っています。さらに表皮は、角質層・顆粒層・有棘細胞層・基底層の4つの層から成っています。
メラニンは悪者扱いされがちですが、紫外線や摩擦、炎症などの肌への刺激によって、DNAが破壊されたり皮膚がんを発生させるのと防いでくれるという役割があります。ただし、私たちの体を守ってくれる大切なメラニンですが、過剰に生成されると、色素沈着を起こしてシミになってしまいます。
このメラニンは、表皮の一番下の基底層にあるメラノサイトによって生成されます。皮膚のかなり奥の方でメラニンは生成されているのです。

浸透力が高い美白成分に要注意!?

上記で説明したように、皮膚の中でもかなり奥にある基底層で生成されるメラニン。このメラニンを除去する、またはメラニンの生成を抑制する美白成分の効果を実感してもらうには、基底層まで浸透させる必要があります。
しかし、美白成分の多くは水溶性でなので、皮膚のバリア層である皮脂膜を通り抜けて浸透することはありえません。それだけではなく、まだその下には、角質層があり、ここは硬く美白成分が浸透しにくい、さらに油の層もあるので、そもそも水溶性である美白成分は浸透しないのです。

こうした浸透しにくい美白成分を基底層にまで届けるために、美白化粧品には浸透剤が配合されています。

浸透剤が配合されているから浸透されて美白効果が高くなる♪

と喜んでしまいそうになりますが、実は、この浸透剤が皮膚のバリア機能を破壊しているのです。
バリア機能を破壊して美白成分を皮膚の基底層まで浸透させているのです。バリア機能が破壊されるということは、肌に有効な成分だけでなく、アレルゲンや有害な物質も一緒に浸透されてしまうということ。
もちろん、皮膚に必要な水分の蒸散させやすくなりますし、油分も流出しやすくなり、乾燥肌、敏感肌へと傾いていきます。肌が敏感になることで、炎症などの肌トラブルが起こりやすくなります。炎症などの肌トラブルが、さらにメラニンの生成を促進して、シミの原因を増やしていきます。美白化粧品でシミが増えた。。。と感じるのはこのためです。

メラニン生成の司令を止めるオーガニックコスメの美白

メラニンの生成を抑制したり、止めてしまうのは、肌が本来持っている機能を止めてしまうということです。さらにバリア機能を破壊して、強い美白成分を浸透させていると、肌はどんどん弱くなっていき、さらにシミができやすい状態になっていきます。

そこで、メラニン生成の司令を出している「NF-kB(エヌエフカッパビー)」というシグナル伝達経路のスイッチをOFFにして美白を促すオーガニックコスメを紹介しましょう。このNF-kB(エヌエフカッパビー)は、肌に刺激を受けた際に「メラニン色素を作れ」という司令を出しています。

このスイッチをOFFにする、さらに皮膚細胞の生まれ変わり、ターンオーバーを促進してできてしまったシミを追い出してくれるのが、HANAオーガニックのホワイトジェリーという美白化粧品です。

HANAオーガニック ホワイトジェリー
オーガニックコスメでの美白ケアは、肌本来が持っている肌機能を高める、つまりターンオーバーを正常化してシミを追い出すという仕組みで、効果を実感するのに時間がかかっていました。
2016年3月に新発売した「HANAオーガニック ホワイトジェリー」は、シミの根源であるNF-kB(エヌエフカッパビー)に着目して、その伝達経路をOFFにするという朝鮮アザミエキスを配合しています。
ダマスクバラ花水・プロパンジオール・ペンチレングリコール・BG・水・マンダリンオレンジ果皮エキス・オタネニンニン種子エキス・マグワ根皮エキス・カンゾウ根エキス・アーチチョーク葉エキス・α‐グルカンオリゴサッカリド・オニサルビニア油・ニオイテンジクアオイ油・ビターオレンジ花油・イランイラン花油・ラベンダー油・ビターオレンジ葉/枝油・オレンジ果皮油・クエン酸・クエン酸Na

ダマスクバラ花水・プロパンジオール・ペンチレングリコール・BG・水・マンダリンオレンジ果皮エキス・オタネニンニン種子エキス・マグワ根皮エキス・カンゾウ根エキス・アーチチョーク葉エキス・α‐グルカンオリゴサッカリド・オニサルビニア油・ニオイテンジクアオイ油・ビターオレンジ花油・イランイラン花油・ラベンダー油・ビターオレンジ葉/枝油・オレンジ果皮油・クエン酸・クエン酸Na


また、今まで通り、HANAオーガニックのバラの成分もしっかり配合されていて、肌再生力も高めてくれます。
HANAオーガニック 敏感肌や乾燥肌、肌荒れを起こしやすいお肌など、今まで美白化粧品の効果が感じられなかった、刺激が強くて使えなかったという人にも安心して使えるオーガニックコスメです。

この記事を書いた人

尾崎まり江

元エステティシャンでリンパケアセラピスト、アロマを使った個人サロンを経営していました。

今は美容に関する情報を配信しています。





キーワード